クロスバイク サドル 調整

インプットアウトプット

管理人が実際得た知識・体験などを公開するサイト

純正サドルから格安サドルへ交換・格段にお尻が楽になった・でもサドルレールの位置に注意

読了までの目安時間:約 8分

お尻が痛い!いろいろ試してきたので載せてみました。

 

1.サドルのポジション調整

1番最初に試したいのがサドルのポジション調整です。

 

なぜならお金がかかりません(笑)。

 

 

スポンサーリンク

 

 

しかし、サドルのポジション調整で注意したいのが、痛みよりペダルの漕ぎやすさを優先する場合があります。

 

特にロードバイクではその割合が大きいでしょう。

 

私のようにクロスバイク乗りだと、微妙なところです。

 

使用している用途の割合が、街乗りのが大きいかサイクリングが大きいかによると思います。

 

私はハーフハーフ(笑)ですが、一応ペダルの漕ぎやすさを優先しています。

 

お尻の痛みは下記の3点で軽減するようにしました。

 

ただ経験上(たいした経験ではないですが)ペダルが漕ぎやすいと、お尻の痛みも軽減されるような気がします。

 

 

 

2.サドルの交換

2番目に試したのがサドルの交換です。

 

レーサーパンツを先に試すことも考えられますが、普段着で乗る可能性が高いクロスバイクでは特にサドルを試すべきです。

 

しかし、サドルは自分に合う物を探すのが困難なようです。

 

通販のレピューでは、何個も買って試してる方がよくいます。

 

私にはそんな予算がないので、レビュー等で評価が高く、値段が安いものを選べみました。

 

それが、この『Foglia VL-3129』です。

自転車用サドルのFoglia VL-3129の写真

 

 

お尻の痛み

シラススポーツの純正と比べると大きく軽減できました。

 

コスパはかなり良いです。

 

良すぎて妻が乗っているクロスバイク風の自転車にも付けてしまいました。

 

 

クッション性

純正と比べると柔らかいです。

 

ジェルの極端に柔らかいグニャリ感はありません。

 

ほどよくお尻を支えられている感じがあります。

 

VELO(ベロ) スポーツサドル VL-3129 グレー VL-3129

新品価格
¥2,127から
(2015/9/10 12:37時点)

Amazonでサドル検索

ペダルの漕ぎやすさ

 

スポンサーリンク

 

特に問題ありません。

 

人によっては内股が擦れるなどあるようです。

 

 

耐久性

すいません、まだ600㎞ぐらいしか使用していないのでわかりません。

 

値段を考えれば耐久性よりお尻の痛みが軽減されれば良しだと思っています。

 

とりあえず今のところ問題はまったくありません。

 

 

交換の注意点

サドルの交換で気を付けてほしいのは、サドルレールの位置です。

 

サドルレールとは下記の写真のことろです。

自転車用サドルのサドルレールの写真

 

このサドルレールの位置がサドルによってかなり違います。

 

サドルを選ぶとき、シートの形状・大きさ・柔らかさに目を向けます。

 

しかし、交換の際はサドルレールの位置に目を向けてみましょう。

 

今付いているサドルと比べて見ると相違があるかもしれません。

 

写真を見るとわかりますが、シラススポーツのサドルレール位置と『Foglia VL-3129』のサドルレールの位置が多少違います。

自転車用サドルのサドルレールのシラスサドルとVL-3129サドルとの見比べ裏写真

 

ゆえに、交換の際レールの目盛を目安にすると、サドルポジションがずれます。

 

サドルの先端部と後部を見比べて、新しいサドルと合わせると良いと思います。

 

自転車用サドルのサドルレールのシラスサドルとVL-3129サドルとの見比べ横写真

 

もちろん、形状・大きさが元のサドルとは違うので再調整は必要です。

 

しかし、元の目安から大きく狂うと調整に時間がかかります。

 

今のサドルレールがどちらかに偏っている場合は購入時に気を付けて下さい。

 

『Foglia VL-3129』は格安ということもあり、試してみる価値はあると思います。

 

 

 

3.レーサーパンツ

そして3番目はレーサーパンツです。効果は抜群です。即ブログに載せてしまいました。

 

私の履いた感想等の話がこちらにあるので、興味がある方は閲覧下さい。

 

レーサーパンツの履き方・写真・好きに履いたので紹介・なんてお尻が楽なんだ(05/11)

 

 

 

4.慣れ(笑)

なんだそれって思うかもしれませんが、これが意外に慣れてきますよ。

 

先ほどのサドルでもまったく痛くないわけでありません(特にレーサーパンツを着用してない時)。

 

しかし、慣れによって痛くなる時間や距離がのびています。

 

おそらく体重の乗せ方・ペダルの漕ぎ方などが、体に負担をかけないように改善されるのかもしれません。

 

色んな意味で体が今のクロスバイクに適応してきているのかもしれませんね。

 

もちろん本来なら体に自転車を合わせなければいけません。

 

ゆえに、ある程度ダメならやはり上記の3つを再度検討するべきです。

 

 

 

まとめ

せっかくの楽しいスポーツ自転車です。

 

お尻の痛みを我慢しながら走るのはいやですよね。

 

いろいろ対策をためしてみましょう。

 

特に普段着で乗ることの多いクロスバイクは、サドル交換がおすすめです。

 

楽天市場でサドル検索

楽天市場でFoglia VL-3129を検索

 

スポンサーリンク

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

名前 じゅかさあ
年齢 おっさん
家族 妻に愛娘2人
何者 アラフォーで初めて犬を飼いました。ポメラニアンとシーズーのミックス犬です。名前は月(るな)です。犬育て奮闘中。20年ぶりの自転車はクロスバイク(2015年2月購入)、そんなもんだからママチャリに負けないよう奮闘中。家ではレンタルDVDで映画鑑賞。家族(ワンちゃんも)でサイクリング、お出掛けなんかも大好きなパパです、宜しくです。
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ